日経平均先物取引の手数料が最も安くおすすめの証券会社【日経miniも含む】


日経平均先物におすすめの証券会社.jpg
日経平均先物取引の手数料が最も安くおすすめの証券会社【日経miniも含む】



目次
1.各証券会社日経平均先物手数料比較
2.手数料を節約するなら立花証券
3.手数料も安く取引ツールも使いやすいのはGMOクリック証券
4.特殊注文豊富でTOPIX先物や日経VI先物もできるのはカブドットコム証券





1.各証券会社日経平均先物手数料比較


日経平均先物取引の手数料を主要な各主要な証券会社で比較してみました。(税込)
 
 ライブスターGMO マネックス証券 カブドットコム
SBI 
mini38.85円39円52.5円49.68円52.5円
large279.3円280円346.5円475.2円525円






手数料を比較してみますとライブスター証券が最も手数料が安くなっています。銭円単位なので本当にわずかですが第二位はGMOクリック証券になっているようです。

→新しく立花証券の情報を入手しました。



mini 27円

large 247円



2.手数料を節約できるのは立花証券


上記の比較表より、日経平均先物取引の手数料が安いのが強みの立花証券です。とにかく手数料を節約したい人にはお勧めの証券会社です。

立花証券は手数料は安いのですが、情報ツールは有料です。そこで、チャート分析などは情報ツールが豊富なGMOクリック証券等を使い、注文は立花証券で行うようにすれば、手数料を安く、ハイスペックな取引が実現できます。

口座開設は以下より
立花証券



3.手数料も安く取引ツールも使いやすいのはGMOクリック証券


最も日経平均先物取引の手数料が安いのは現在のところライブスター証券となっていますが、GMOクリック証券もほとんど変わらないくらい手数料が安くなっています。確かに年間の投資を累積すると数百円の差が出るかもしれませんが問題ないでしょう。

GMOクリック証券は「スマホで取引するのに最もおすすめの証券会社」でも紹介している通り、取引ツールの使いやすさに強みを持っています。スマートフォンのアプリはサクサク動くと評判ですし、PCアプリのはっちゅう君は多くのチャート画面の切り替え等スムーズにできて操作性に強みを持っています。事実、2013年度においてネット証券取引ツールの使いやすさ部門顧客満足度ランキング第一位に輝いています。

手数料の安さとトレードツールの使いやすさの両方を重視するのであればGMOクリック証券がおすすめです。

口座開設は以下より
GMOクリック証券



4.特殊注文豊富でTOPIX先物や日経VI先物もできるのはカブドットコム証券


日経平均先物取引の手数料ではライブスター証券やGMOクリック証券に劣りますが、カブドットコム証券もおすすめです。

カブドットコム証券は以下のような他社ではあまり扱っていない特殊な注文方法を使うことができます。

±指値注文:「始値・終値・約定価格」を基準とした注文が出せる注文形態
リレー注文:A株が売却できたらB株の買付を発注予約するといった注文形態
Uターン注文:買い注文と同時にその銘柄の売り注文を同時に予約するといった注文形態
トレーリングストップ注文:高値安値に合わせて、逆指値注文をリアルタイムに自動修正する自動売買
時間指定注文:注文の時間を予約することが可能

上記のような特殊注文を利用したい場合はカブドットコム証券で取引することをおすすめします。

また、カブドットコム証券は他社より先物取引の取り扱い商品が多く、TOPIX先物や日経VI指数先物も取り扱っています。日経平均先物以外の先物取引にも挑戦してみようと思っている方はカブドットコム証券で取引されるといいでしょう。


口座開設は以下より
カブドットコム証券


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: