信用取引の売り(空売り)ができる証券会社


空売りができる証券会社.jpg
信用取引の売り(空売り)ができる証券会社

目次
1.信用売り(空売り)とは
2.信用売り(空売り)のメリットとデメリット
3.信用売り(空売り)ができる証券会社

1.信用売り(空売り)とは


信用売り(空売り)とは未だ持っていない買っていない株を借りてきて、その時の値段で売ることを言います。例えば現在株価が15,000円だった場合。空売りをして株価が14,000円に下がった時に買い戻せば差額の1,000円が利益となります。逆に株価が16,000円まで上がってしまい買い戻すと1,000円損をしてしまいます。

信用取引をするためには一定の証拠金というものを証券口座に預けておかなければならず、証拠金の数倍・数十倍の取引ができます(レバレッジを利かせれる)。上記の例の場合、株価が14,000円になれば証券口座に1,000円プラスされますが、16,000円となり1,000円損をすると、証拠金から差し引かれます。損の金額が証拠金の一定金額にまで達するとロスカットとなり強制決済させられゲームオーバーとなります。

信用売り(空売り)とは売りから入ることができる投資法で株価が下落した時に逆に儲けることができます。買いの反対とイメージしてもらえばいいと思います。

2.信用売り(空売り)のメリットとデメリット


空売りのメリット
空売りは売りから入ることができますので株価暴落時に利益を得ることができます。景気が悪くなったときに逆に設けることができるのでリスクヘッジになります。株価暴落時にも利益を得ることができますので投資のチャンスが広がるといったメリットがあります。

空売りのデメリット
空売りはリスクの高い投資法です。なぜなら株価は下限はゼロですが上限はありません。空売りをすることで損失が無限にまで膨らむ可能性があります。実際は証拠金の範囲内でロスカットされますが、時間外に株価が暴騰してしまうとロスカットをすることができず、証拠金以上の損失を抱えてしまうリスクがあります。その場合は借金をしているのと同じで証券会社に損失分を返済しなければなりませんので注意が必要です。

空売りは信用取引でしかできません。現物買いとは違い現物を買うことはできません。現物買いであれば買ったお金以上損をすることはありませんが、信用取引の場合は証拠金以上の取引をする場合は想定以上に損をしてしまうこともあります。もちろん逆に大儲けできる可能性もあります。その点はFXや先物と同じですね。ハイリスクハイリターンの投資であることを肝に銘じる必要があります。


3.信用売り(空売り)ができる証券会社


信用売り(空売り)はとはいえ大儲けできる可能性を秘めています。リーマンショックのような経済ショックがまた起きるかもしれません。そんな時に空売りをしておけば大きく儲けることができるでしょう。それ以外でもオリンパスの粉飾決算や大王製紙の着服事件等、株価が暴落するニュースがちらほら流れてきます。そんな時に後追いでも空売りができればソコソコの利益を得ることができるでしょう。

投資のチャンスを逃さないためにも空売りができる証券口座を保有しておく必要があります。しかしながら、国内の証券会社では空売りができる証券会社が限られており、一番多く銘柄を取り扱っているのはカブドットコム証券になります。
空売り.PNG
空売りは大手のSBI証券でも取り扱っていません。カブドットコム証券が2,000を超える銘柄を扱っており、信用売りの投資は独占しています。カブドットコム証券は2013年12月より信用取引の手数料を値下げしており、今後の投資チャンスを逃さないためにも保有しておきたい証券口座です。また、カブドットコム証券はNISA口座開設特典も現物株式手数料無料とお得になっていますのでおすすめです。「NISA口座でおすすめの証券会社」参照


口座開設は以下よりどうぞ!
カブドットコム証券



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: